岩瀬孝文Facebook
羽ばたけ!日本女子ジャン王
RISE JC
髙梨沙羅 公式ウェブサイト

茂野美咲 スペシャルコラム

【茂野レポート】2015年11月10日

スキージャンプ用語講座①

ジャンプ競技界で使われる専門用語をいくつかご紹介! ジャンプだけでなく、スポーツ界って専門用語が多いですよね。 なので!今回は、ジャンプ界の専門用語や知って欲しい用語を私、茂野がわかりやすーーくゆるーーく、解説していきたいと思います!!

 【ソーメン】

さっそくいかにも業界用語っぽいもの出てきましたねぇ〜
夏の暑い日に…ツルツルとすすりたくなる
…そう、そうめん!

…いや、
…しかし、
…NOそうめん!!YES!!

そうです。そうめんはそうめんでも、ジャンプ界のソーメンは食べれませんのでご注意を。

ジャンプ界でソーメンと言われているのは、夏のジャンプ台の着地部分に使われている、プラスチックの棒状のもののこと言います!
これが何百本と束になり、それが何千枚と敷き詰められ、夏のジャンプ台の着地部分となっているわけです!

夏のジャンプ台の着地部分を人工芝と思っていた方はたくさんいると思いますが…もちろん人工芝も最後の止まる部分(ブレーキングトラック)には使われていますが、着地部分(ランディングバーン)は、実はこの「ソーメン」だったんですねぇ〜。
夏はこれに水を撒いて、滑るようにするのです!!

ちなみに冬は、このままだと雪が滑り落ちてしまい、ジャンプ台に雪が張り付かないので、このそうめんの上にバレーボールのネットの極太バージョンみたいなものを貼付けて、雪が滑り落ちないようにしています!!

しかしこのソーメン…どうしてこのように呼ばれるようになったのか…。
恐らく…いや確実に見た目からでしょう。
これは日本人ならではの専門用語ですね。
では海外ではなんと呼ばれているのか…

…わかりません!!(笑)
「ソーメン」でないことは確かでしょう!(笑)

【ソーメン】・・・この用語を知っているだけで、もはやかなりのジャンプマニアです!!
競技場でこの用語を出して話していたら、確実に関係者と思われることでしょう…!

これにて第1回目の講座を終了します。
次回もお楽しみに~!

一覧へ戻る


TOPに戻る